トップページ >  肌質で選ぶ >  ニキビ肌

ニキビ肌の悩みを解消する洗顔石鹸の選び方

ニキビができる場所と種類
ニキビ 洗顔石鹸

ニキビが出来る場所やニキビの種類は様々あります。 ニキビできる場所は顔・首筋・背中・胸など、ニキビの種類は白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビなどがあります。 ここでは顔に出来るニキビについて、原因や解消方法を説明します。

毛穴に皮脂がたまると、それをエサとしてアクネ菌が繁殖し炎症を起こします。これがニキビです。 炎症を起こす前の白いポツッとした状態を白ニキビ、酸化して黒くなったものを黒ニキビ、炎症を起こして赤くなった状態を赤ニキビといいます。炎症が酷くなって膿んでしまった状態を黄ニキビといいます。

ニキビは炎症を起こす前にケアする方が良いです。炎症を起こしてしまうと、皮脂が過剰に分泌してニキビがさらに広がりやすくなるからです。ではニキビをケアするにはどうしたら良いでしょうか?

思春期の頃に出来るニキビを思春期ニキビ、20代以降になってからできるニキビを大人ニキビといいます。 なぜこのように分けるかと言うと、それぞれでニキビができる原因が異なるからです。 思春期ニキビはしっかり洗顔するだけで治りますが、大人ニキビは洗顔だけではなかなか治りません。

大人ニキビができる原因も皮脂の過剰分泌ですが、その皮脂の過剰分泌を引き起こす原因が様々あるのです。 皮脂の過剰分泌を引き起こす原因としては、肌の乾燥、ストレス、女性ホルモンのバランスの乱れなどです。 一度ニキビが治っても、季節の変わり目で肌が乾燥したり、ストレスを感じたり、生理前などで女性ホルモンのバランスが乱れるなどすると再びニキビが出来てしまいます。 このように何度も繰り返しニキビが出来やすいので、大人ニキビは治りにくいと言われます。

大人ニキビを解消するには、今あるニキビをケアすると同時に、再びニキビができないように肌の状態を整えることが重要です。 そのためには以下のようなケアが必要になります。
毛穴の汚れを取り除く
今あるニキビの炎症を抑える
保湿して肌のバリア機能を高める
そして女性の場合は、女性ホルモンのバランスを整えることも大切になります。

ニキビケアの最重要ポイント
・毛穴の汚れをキレイにし、炎症を抑える
・ニキビが広がらないように皮脂の過剰分泌を抑える

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸 人気ランキング

NonA ニキビ専用の石鹸です。 炎症を抑えるために、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品となっています。 また、皮脂の分泌を抑えるためにダイズエキスを配合。 さらに、ダイズエキスは女性ホルモンと同じ働きがあり、ニキビの原因であるホルモンバランスもケア。 (ダイズエキスは、むだ毛を抑える、美白効果、コラーゲン・ヒアルロン酸生成促進効果、抗酸化作用、保湿効果など多くの美容成分を含んでいて今話題の成分です)

然よか石けん 火山灰シラスが主原料の石鹸。キメ細かく吸着力のある泡で、毛穴の汚れをしっかり落とします。 炎症を抑えるために、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品で、ニキビによる炎症などを抑えます。 また、自然由来の美容成分でしっかり保湿ケアをし、過剰な皮脂の分泌を抑えます。 ニキビケアだけでなく、毛穴ケア用の洗顔石鹸としてもおすすめ。1300万個以上も売れている人気の洗顔石鹸です。

ニキビケア石鹸でNonA(ノンエー)が人気No.1の理由

NonAは炎症を抑えるためにグリチルリチン酸ジカリウムを配合。そして皮脂の分泌を抑えるために大豆エキス(ダイズエキス)を配合。 ニキビケアの最重要ポイントは「炎症を抑える」「皮脂の分泌を抑える」の2点です。 さらに、大豆エキスに含まれるイソフラボンは女性ホルモンの働きをすることで知られています。 (ニキビの原因の1つはホルモンバランス。) ここが他の石鹸よりもニキビケアに人気の理由です。
NonA(ノンエー)公式サイトはこちら