トップページ > 美白・シミ・くすみ > すでにあるシミ解消するのに美白石鹸が向かない理由

すでにあるシミ解消するのに美白石鹸が向かない理由

美白成分を肌に浸透させる石鹸がない

通常、すでにあるシミを解消するには美白成分が必要です。しかし、ほとんどの美白成分(ビタミンC、ハイドロキノン、フラーレン等)は水溶性なので、そのままでは人の肌に浸透しません。浸透させるためには、特別な浸透テクノロジーが必要で、有名な美白化粧水や美白クリームはそのような技術を採用しています。ところが、そのような技術を採用している石鹸は今のところありません。そのため、いくら良い美白成分を配合していても、肌に浸透しないのでほとんど意味がありません。では、シミ解消にはどんな石鹸が良いかというと、潤いを与えてターンオーバーを促進することでメラニンを排出するようなものを選びます。ですが、美白化粧水や美白クリームほどの効果はありません。あくまでも補助的なシミの解消と考えてください。石鹸だけで濃いシミが消えると宣伝していたら怪しいと思って下さい。